大阪大学 人間科学研究科 共生学系

お問い合わせ

06-6879-8080

未来共生学

共生の人間学

檜垣立哉 Tatsuya HIGAKI

研究概要
Research
 現代フランス哲学(ドゥルーズやフーコー)および京都学派(西田幾多郎や九鬼周造)を中心とした日本思想の研究をおこなっていますが、その他、生命社会システム論、生命の科学論的思考、競馬・賭博論などについて研究もしています。共生の人間学担当ということで、これらの思想的葉池をもとに、今後は共生の生と生活にかんする諸事象、食べる、住む、自然の一部として生きて死ぬ、動物やロボットとの共生などについても考えていきたいとおもいます。
French contemporary philosophy (Deleuze, Foucault etc.), Japanese Philosophy (Kyoto School), Philosophy of Technology and Biology,
専門分野
Research Field
 哲学/現代思想
Philosophy /contemporary thought
研究キーワード
Research Field
 フランス思想、日本哲学、生命論
French Philosophy, Japanese Philosophy, Philosophy of Technology
主な担当科目
Classes Taught
・共生の人間学
・共生の人間学演習
代表的な著作
Major Publications
・檜垣立哉(2018)『食べることの哲学』(教養みらい選書)世界思想社

・檜垣立哉(2015)『日本哲学原論序説』人文書院

・檜垣立哉(2012)『ヴィータ・テクニカ』青土社

・檜垣立哉(2011)『西田幾多郎の生命哲学』講談社学術文庫

・檜垣立哉(2010)『瞬間と永遠 ジル・ドゥルーズの時間論』岩波書店

・檜垣立哉(2008)『賭博/偶然の哲学』河出書房新社

より詳しい情報

More information

 研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=8160

 Researchmap:https://researchmap.jp/read0090797

 研究室HP:http://philosophyofkyosei.hus.osaka-u.ac.jp/wp/

藤川信夫 Nobuo FUJIKAWA

研究概要
Research
 

1)人生の歩みにおけるさまざまな節目において躓いたり立ち止まったりする人々と、その人生の歩みを支えようとする支援者たちの間で遂行される日常的相互行為を対象として、ドラマトゥルギー(演技論・演出論)的観点で質的フィールド研究を行っています。そうした相互行為からは、周囲を取り巻くモノや他者との、あるいは、自己自身の身体や過去の記憶との新たな共生のあり方を追い求める人々の姿を見て取ることができます。
2)人生の節目で行われる儀礼(あるいはその痕跡)とそれに関連する神話的言説の構造を分析することで、その儀礼の意味や機能を明らかにする神話学研究も行っています。

1) From viewpoint of dramaturgy I study on various interactions of our everyday life concerning education and welfare.
2) Through analysis of rites of passage and mythical discourses I also carry out mythological study to clarify meaning and function of them.

専門分野
Research Field
 教育哲学、教育人間学
Philosophy of education, Anthropology of education
研究キーワード
Research Keywords
 ドラマトゥルギー、神話学、儀礼
Dramaturgy, Mythology, Rite
主な担当科目
Classes Taught
・共生の人間学特講
・共生の人間学特定演習
・Philosophical Anthropology in Kyosei I
・Philosophical Anthropology in Kyosei Seminar I-b/II-b
代表的な著作
Major Publications
・藤川信夫 (2017)『人生の調律師たち-動的ドラマトゥルギーの展開』春風社

・藤川信夫 (2014)『教育/福祉という舞台』大阪大学出版会

・藤川信夫 (2008)『教育学における優生思想の展開』勉誠出版

・藤川信夫 (1998)『教育学における神話学的方法の研究』風間書房

より詳しい情報

More information

 研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=6660

 Researchmap:https://researchmap.jp/read0068667

山崎吾郎 Goro YAMAZAKI

研究概要
Research
 新しい科学技術によって身体がどう変化するか、またそれにともなって社会の認識や構成がどう変化していくのか、その相互的なプロセスに関心があります。これまで、日本の臓器移植医療などをとりあげて、主に身体(body/corps)の変容に注目して研究を進めてきました。最近は、コミュニティという社会体(social body/corps social)の衰退や変容について考えながら、「近代」が想定してきた 基本的な概念をとらえなおすことに関心を寄せています。文化人類学が専門ですが、哲学や科学技術社会論といった関連する分野との交流や協働にも興味をもっています。
My research interest is in understanding the reciprocal processes of transformation between body and society, both from a theoretical and an empirical perspective. I work on an anthropological research concerning organ transplantation and some other medical practices. Currently, I also do research in shrinking communities where society (social body) transforms through depopulation. These interests have led me to collaborate with people from other disciplines such as philosophy, Science and Technology Studies, etc.
専門分野
Research Field
 文化人類学
Anthropology
研究キーワード
Research keywords
 身体と社会、自然、技術的環境、協働
body and society, nature, technological environment, collaboration
主な担当科目
Classes Taught
・フィールド・プロジェクト
・課題解決ケーススタディ
・共生学実験実習 I
・Field Project
・Case Study for Problem Solving
・Laboratory in Kyosei Studies
代表的な著作
Major Publications
・山崎吾郎 (2018)「臓器提供の意思をどう示すか」『医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者』東洋経済新報社pp. 185-199.

・山崎吾郎 (2017)「消滅と無為の実践論:自然の人類学における翻訳の問題」『思想』1124: 92-104.

・山崎吾郎 (2015)『臓器移植の人類学―身体の贈与と情動の経済 』世界思想社

・山崎吾郎 (2014)「意識障害をめぐる部分的な経験:療養型病院における生の人類学」『思想』1087: 89-105.

・Yamazaki, G. (2017) The Body with Anonymous Organs: Transformation of the Body and the Social in
Organ
Transplantation,NatureCulture 4: 59-75.

・Yamazaki, G. (2013) From cure to governance: the biopolitical scene after the brain death controversy in
Japan, East Asian Science, Technology and Society 7(2): 243-259.

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=3397

Researchmap:https://researchmap.jp/read0152533

共生行動論

渥美公秀 Tomohide ATSUMI

研究概要
Research
災害場面(救援、復旧、復興、防災)で活動する災害ボランティアと人・モノとの共生について、グループ・ダイナミックスの視点から、活動現場に参加して恊働的実践を行い、様々なアクションリサーチを展開して、明らかにしていきます。具体的には、緊急時の救援活動、被災地間の関係、災害体験の伝承、長期的な復興交流、地域防災の活性化といった活動の現場で災害ボランティア活動に参加しながら、背後にある社会・文化・歴史的背景に関する理論的考察を行い、現場の改善に寄与する研究を目指しています。国内では、熊本地震、東日本大震災、中越地震、阪神・淡路大震災などの被災地、海外では、台湾集集大地震などの被災地に注目しています。

Kyosei of disaster volunteers with people and things have been investigated from the perspective of group dynamics; collaborative practices followed by action research at various phases (i.e., search & rescue, recovery, revitalization, and preparedness) of disaster fields. We have attempted to contribute, academically and practically, to the betterment of the disaster field. We participate in disaster volunteer activities such as, for instance, disaster relief in an emergency, relaying supports from disaster fields in the past to the current fields, transferring and remembering experiences of disaster, long-term recovery and revitalization, and disaster preparedness in community. At the same time, we theoretically analyze their socio-cultural and historical backgrounds, Currently, we focus on domestic disaster fields after Kumamoto Earthquake, Great East Japan Earthquake, Niigata Chuetsu Earthquake, and Great Hanshin-Awaji Earthquake, as well as international disaster fields after Taiwan Chi-Chi Earthquake.

専門分野
Research Field
グループ・ダイナミックス
Group dynamics
研究キーワード
Research keywords
グループ・ダイナミックス、災害、災害ボランティア、恊働的実践、アクションリサーチ
Group dynamics, disaster, disaster volunteers, collaborative practice, action research
主な担当科目
Classes Taught
・ボランティアの集団力学
・ボランティア行動学演習
・共生行動論特講
・共生行動論特定演習
・Group Dynamics of Volunteer Activities
・Seminar in Sciences of Volunteer Activities
・Socio-Behavioral Dynamics of Kyosei
・Seminar in Socio-Beh
avioral Dynamics of Kyosei
代表的な著作
Major Publications
渥美公秀 (2017)「災害ボランティア論の再構築に向けて」『災害と共生』1:3-7.

・渥美公秀 (2014)『災害ボランティア-新しい社会へのグループ・ダイナミックス』弘文堂 

・渥美公秀 (2001)『ボランティアの知』大阪大学出版会

Daimon, H. and Atsumi, T. (2017) “Pay it forward” and Altruistic Responses to Disasters in Japan:
Latent Class Analysis of Support
Following the 2011 Tohoku Earthquake. Voluntus 29(1): 119–132.

Atsumi, T. (2015) Against the Drive for Institutionalization: Two Decades of Disaster Volunteers in Japan.
A. E. Collins, S. Jones, B.
Manyena, & J. Jayawickrama (Eds.) pp.19-32. Hazards, Risks, and Disasters in
Society
. Amsterdam: Elsevier.

・Atsumi, T. (2014)  Relaying Support in Disaster-Affected Areas: The Social Implications of a “Pay-it-
 Forward” Network. Disasters, 38(s2), s144-s156.

・Atsumi, T. & Goltz, J.D. (2014) Fifteen Years of Disaster Volunteers in Japan: A Longitudinal Fieldwork
 Assessment of a Disaster Non-Profit Organization. International Journal of Mass Emergencies and
 Disasters, 32(1), 220-240.

・Atsumi, T. (2009) Acceptance in a disaster area: process technologies for implementation scientists.
 Journal of Natural Disaster Science, 30, 97-103.

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=784

Researchmap:https://researchmap.jp/read0076469

研究室HP:https://atsumi-lab.jimdosite.com/

近藤佐知彦 Sachihiko KONDO

 

 

英国でコミュニケーション論(修士)とディスコース分析(博士)を学び、構築主義の視点から社会心理学的な諸問題を分析してきました。現代人のアイデンティティ構築や、社会における正統性の獲得プロセス(例えば立憲君主制国での一般人の平等意識)などがメインのテーマになっています。本学では英語交換留学プログラムのコーディネーターが本務ですので、ディスコース分析に加えて留学生教育やグローバル人材育成教育も守備範囲に入ってきています。日本のような非英語圏大学における英語による専門教育の妥当性などについても論じる機会が増えてきました。大学国際化施策全般の批判的分析のかたわら、本学におけるその企画立案および実施に取り組むことも増えてきました。今はディスコースの手法を使いながら「国際化」の意味を問うていきたいと考えています。

Studied Communication (MSc) and Discourse Analysis (PhD) in the UK, Kondo has looked at social psychological subjects from constructionists’ point of views. Kondo has been hugely interested in the process of justifications of social realities amongst ordinary people (namely ideology), such as the idea of modern monarchism (Constitutional Monarchy). At Osaka University, working as a coordinator of an English speaking exchange program, Kondo also looks at International Student Education and Global Competency Education. He therefore researches some related topics, which includes tertiary education in English in non-English speaking countries. What is more, as a specialist of international student education, he plans and implements a number of university’s international strategies with several professors and administrators at Osaka. Kondo now dreams to focus on the meanings of internationalisation (and globalisation) of the education, using discursive techniques.

専門分野
Research Field
ディスコース分析、社会心理学、留学生教育
Discourse Analysis, Social Psychology, International Student Education
研究キーワード
Research keywords
イデオロギー、メディア、グローバル人材、大学国際化
Ideology, Media, Global Competency, University Internationalisation
主な担当科目
Classes Taught
代表的な著作
Major Publications
・近藤佐知彦(2009)『天皇ヒロミチとその時代;逆説的天皇論の試み』晃洋書房

・Kondo, S. (2016)  ‘Impact of the English Language on University Policy in Malaysia and Japan’ in T.
 Yamaguchi and D, Deterding, (eds.) ‘English in Malaysia; Current Use and Status’. PP172-192. Brill

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=2216

Researchmap:https://researchmap.jp/read0076589

 

権藤恭之 Yasuyuki GONDO

研究概要
Research
 2000年から慶応義塾大学と共同で現在まで東京都23区の百寿者および全国の超百寿者の方達を対象に訪問面接調査を行ってきました。2010年より、東京都健康長寿医療センター研究所、慶応大学医学部と高齢者の縦断調査SONICを開始。現在、超高齢者を対象に健康長寿を達成するための要因を研究している。どうすれば超高齢期をしあわせにすごすことができるのか、その環境づくりに関心を持っています。

 Yasuyuki Gondo is an associate professor of Osaka university department of human sciences since 2007. He started his carrier as gerontologist in 1993 by start working at the Tokyo metropolitan institute of gerontology. He got Ph.D. by papers about cognitive aging. He joyed Tokyo centenarian study in 1999. Since then he interviews more than 400 centenarians. He started larger epidemiological longitudinal study named (Septuagenarian, Octogenarian, Nonagenarian Investigation with Centenarian) with collaborators in multi-disciplinal researchers all over Japan in 2010. The main purposes of he SONIC study are to clarify aging-related changes in multiple domains of human functioning and the dynamics of interaction among these domains throughout the extreme old age period and to identify the factors influencing healthy longevity, including psychological well-being.

専門分野
Research Field
 高齢者心理学、老年学
 Psychology of aging, gerontology
研究キーワード
Research keywords
 長寿、幸福、認知機能、加齢、社会関係資本
 Longevity, well-being, cognition, aging, social capital
主な担当科目
Classes Taught
・臨床死生学・老年学
・Psychology of aging
代表的な著作
Major Publications
Gondo, Y., Hirose., N., Yasumoto, S., Arai, Y., Saito, Y. (2017) “Age verification of the longest lived man in  the world,” Experimental Gerontorogy.

・Gondo, Y., Maui, Y., Inagaki, H & Hirose, N. (2014) How do we measure cognitive function in the oldest  old? A new framework for questionnaire assessment of dementia prevalence in centenarians. in Lars-
Goeran Nilsson, Nobuo Ohta(Eds.) Dementia and Memory. Psychology Press, London and New York. pp.  97-109.

・Gondo, Y., Arai, Y & Hirose, N. (2014) Wellbeing in the Oldest Old and Centenarians in Japan.In T.B.L.
Kirkwood  & C.L. Cooper (Eds.) Wellbeing: A Complete Reference Guide, Volume IV, Wellbeing in Later
Life,  WILEY Blackwell. pp.275-286.

・Gondo, Y., Nakagawa, T., & Masui, Y. (2013)  A New Concept of Successful Aging in the Oldest Old:
Development of Gerotranscendence and Its Influence on the Psychological Well-Being.Annual Review of
Gerontology and Geriatrics,, 33(1), 109-132.

・Gondo, Y., & Poon, L.W. (2007) Cognitive function of centenarians and its influence on longevity.In
L.W.Poon, T.T.Perls, & K.W.Schaie (Eds.), Annual Review of Gerontology and Geriatrics, 27
Biopsychosocial Approaches to Longevity.pp.129-149.New York: Springer.

 

より詳しい情報

More information

 研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=2357

 Researchmap:https://researchmap.jp/ygondo

 研究室HP:http://sonic-study.jp/

共生社会論

稲場圭信 Keishin INABA

研究概要
Research
  宗教的利他主義・社会貢献、市民社会のアクション・リサーチ、ソーシャル・キャピタルとしての宗教、宗教施設を地域資源とした地域防災に関する研究が主な研究テーマです。災害支援の仕組みとして、スマホやPCで使える「未来共生災害救援マップ」(http://www.respect.osaka-u.ac.jp/map/)も運営しています。グローバル化が進む今、現代社会と宗教は重要なテーマとなっています。私の研究室では、現代社会の諸問題に真摯に向き合い、宗教社会学や現代社会学の理論をベースに、支え合う市民社会の構築に資する学際的な研究を構想します。フィールドワークを重視し、研究方法としては質的調査を主とします。

 Religious Altruism, Civil Society, and Religion as Social Capital.One of the organizers of the Japan Religion Coordinating Project for Disaster Relief, launched in response to the massive earthquake in northeastern Japan on March 11, 2011.

専門分野
Research Field
 宗教社会学
 Sociology of Religion
研究キーワード
Research keywords
 宗教、利他主義、ソーシャル・キャピタル、災害支援、防災
 Religion, Altruism, Social Capital, Disaster Prevention
主な担当科目
Classes Taught
・共生社会論演習Ⅰ・Ⅱ
・共生社会論特講Ⅲ
・現代社会を読み解く 他
・Social Sciences in Kyosei
代表的な著作
Major Publications
・稲場圭信 (2018)『アメリカ創価学会における異体同心─二段階の現地化』新曜社

・稲場圭信 (2016)『災害支援ハンドブック~宗教者の実践とその協働』春秋社

・稲場圭信 (2013)『震災復興と宗教』明石書店

・稲場圭信 (2013)『利他主義と宗教』弘文堂

・稲場圭信 (2009)『社会貢献する宗教』世界思想社

・稲場圭信 (2008)『思いやり格差が日本をダメにする~支え合う社会をつくる8つのアプローチ』NHK出版

・Inaba, K. (2014) “Fostering civil society organizations for disaster relief in Japan “, in Minako Sakai,Edwin Jurriens, Jan Zhang and Alec Thornton eds.,Disaster Relief in the Asia Pacific, New York,Routledge, pp.52-66.

・Inaba, K. (2009) ‘Religion and Altruism’, in Peter B. Clarke ed., The Oxford Handbook of the Sociology of Religion, Oxford University Press, pp.876-889.

・Inaba, K. (2006) The Practice of Altruism: Caring and Religion in Global Perspective, Cambridge Scholars Publishing.

・Inaba, K. (2004) Altruism in New Religious Movements: The Jesus Army and the Friends of the Western Buddhist Order in Britain, Daigaku Kyoiku Shuppan.

 

より詳しい情報

More information

 研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=1050

 Researchmap:https://researchmap.jp/altruism

 研究室HP:

http://altruism.blog56.fc2.com/blog-entry-287.html

https://relief-map.jimdo.com/

志水宏吉 Koukichi SHIMIZU

研究概要
Research
 私は大学院進学以来、30年余りにわたって学校社会学の領域で調査研究を進めてきました。高校生の進路分化、中学校の教育指導、ニューカマー外国人に対する教育支援、小中学生の学力格差、日本とイギリスの学校文化の国際比較といったテーマについて、学校におけるフィールドワーク・参与観察調査にもとづく質的研究を仲間の研究者や大学院生たちと試みてきました。最近では、学校教育の公共性や公正原理の探究といったテーマに関して、共生社会の実現という視点からの理論的検討を始めています。
専門分野
Research Field
教育社会学・学校臨床学
研究キーワード
Research keywords
学力問題、ニューカマーの教育、教育改革、教育の公正
主な担当科目
Classes Taught
・学校社会学
・共生社会論
・教育文化学特定演習など
代表的な著作
Major Publications
・志水宏吉(2015)『学力格差是正対策の国際比較』岩波書店

・志水宏吉(2014)『「つながり格差」が学力格差を生む』亜紀書房

・志水宏吉(2009)『「力のある学校」の探究』大阪大学出版会

・志水宏吉(2008)『公立学校の底力』 筑摩書房

・志水宏吉(2005)『学力を育てる』岩波新書

 

より詳しい情報

More information

 研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=3439

 Researchmap:https://researchmap.jp/929

 研究室HP:http://kyokei.hus.osaka-u.ac.jp/

千葉泉 Izumi CHIBA

研究概要
Research
ギターや現地語(スペイン語、マプーチェ語)を駆使して、現地の人々と深く交わりながら、ラテンアメリカ文化の諸相に関する研究を行う一方、大学では、音楽や対話の技法を用いて、学生と相互的なコミュニケーションを図りつつ、共生社会構築における「自分らしさ活用」の意義を模索する授業を展開しています。また学外では、ラテンアメリカ音楽の演奏家として、各地の弦楽器や歌謡を紹介するとともに、「人生」、「平和」、「共生」などをテーマとするスペイン語や日本語の曲を作曲・発表しています。

I am investigating varied aspects of Latin American culture, communing with the local people by use of the guitar and local languages (Spanish and Mapuche). The main objective of the classes I hold at the University resides in considering how to realize KYOSEI society, based on the empowerment of the personal “genuine way of being”, making use of  “music” and “dialogue” as the principal techniques to achieve a fluent and mutual communication with the students.
On the other hand, as a musician, I play different types of local guitars and sing songs of Latin America to introduce Latin American music to the Japanese people. Besides, I also compose and interpret my original songs in Spanish and Japanese with lyrics referring to topics such as Life, Peace and Kyosei.

専門分野
Research Field
 ラテンアメリカ文化の実践的応用、音楽コミュニケーション論、自分らしさ活用学、共生社会学
 Applied studies of Latin American culture, Musical communication, Practical study in the use of “being myself”, Social Science in KYOSEI
研究キーワード
Research keywords
 ラテンアメリカ、音楽、コミュニケーション、自分らしさ、現地語
 Latin America, Music, Communication, Being myself, Local language
主な担当科目
Classes Taught
・共生社会論特講II
・共生の技法I
・現代文化を読み解く(歌って学ぶラテンアメリカの文化)
・スペイン語4(LL)
・Social Sciences in KYOSEI Ⅱ
・Technique in KYOSEI I
・Interpreting Contemporary Culture (Learning Latin American culture through its songs)
・Spanish 4 (language laboratory)
代表的な著作
Major Publications
 

・千葉泉(2018)『音楽を通じた「実感」としての共生体験―先生方とともに創り上げたコンポジウム―』『共生学
ジャーナル』第2号 167-181頁.

・千葉泉(2014)『「自分らしさ」をこころの中心に』多文化共生を考える会・千葉泉(2003)『国際理解に役立つ世界の民族音楽、6:南・北アメリカの音楽』ポプラ社

・千葉泉(1998)『馬に乗ったマプーチェの神々-チリ先住民社会の変遷-』大阪外国語大学学術双書19号

・Chiba, I. (2014) Living in harmony with my “natural way of being”, Society for Multi-Culturalism.

 

より詳しい情報

More information

 研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=4939

 Researchmap:https://researchmap.jp/read0014579

 個人HP:https://twitter.com/chibaizumiinfo

山本晃輔

準備中

 

共生教育論

山本ベバリー・アン Beverley Ann Yamamoto

研究概要
Research
 社会学を学問的背景とし、現在、医療行為・研究・政策への患者・市民参画 (PPI) に関する3つの研究プロジェクトに携わっており、すべて健康、病気に焦点を当てた質的研究です。オックスフォード大学との共同研究では、医療でのAI活用において医療従事者、患者・市民が関与できる持続可能なエンゲージメントプラットフォームの設計を目指しています。また、大阪大学医学系研究科の研究者とPPIに関するプロジェクトを2つ行っており、1つは希少疾患患者に焦点を当てた研究です。大阪大学ユネスコチェアでは、包括的性教育(CSE)の実施、プラネタリーヘルスのネットワーク探求、そしてWHO神戸センターと連携し青少年のメンタルヘルスに関するプロジェクトを進めています。

Beverley’s current research projects focus on health, disease and illness.  Her disciplinary background is sociology. Beverley is involved in three projects that are concerned with patient and public involvement (PPI) in medical practice, research and policy. One project is joint research with a team at the University of Oxford and aims at designing a sustainable engagement platform for patient, public and health care professionals (HCPs) to be involved in the use of Artificial Intelligence (AI) technologies in health care. She is also working with some of the same researchers, affiliated with the Osaka University School of Medicine, on two other PPI projects. On is also in collaboration with the University of Oxford and focuses on the rare diseases patient space.
Another major project is the Osaka University UNESCO Chair in Global Health and Education, which Beverley leads. The Chair is leading three projects working with international partners. One is on the implementation of comprehensive sexuality education, another explores networks for planetary health and a third is in collaboration with the WHO Kobe office and is concerned with adolescent mental health. Beverley is a qualitative researcher.

専門分野

Research Field

 社会学、医療社会学、ヘルス社会学、教育社会学、ヘルスプロモーション
 Sociology of health, clinical sociology, sociology of education, health promotion
研究キーワード
Research keywords
 患者・市民参画(PPI)、希少疾患、包括的性教育、UNESCO、ヘルスプロモーション
Patient and public involvement (PPI), Comprehensive sexuality education (CSE), Artificial Intelligence (AI), health promotion
主な担当科目
Classes Taught
・共生教育論特定演習I・II
・共生教育論特別演習I・II
・共生教育論特定研究I・II
・共生教育論特別研究 I・II
・共生教育論II
・共生教育論演習I・II
・共生教育論研究I・II・Introduction to Diversity and Inclusion Studies
・Gender and Education (both undergraduate and postgraduate levels)
代表的な著作
Major Publications
 

・Arnstein, L., Wadsworth, A.C., Yamamoto, B.A. et al. (2020) Patient involvement in preparing health
research peer-reviewed publications or results summaries: a systematic review and evidence-based
recommendations. Res Involv Engagem6, 34.

・Yamamoto B.A. & Kitano N, (2018) Lessons learned from founding a rare disease patient organization for
hereditary angioedema in Japan: Moving from a paternalistic to a power-sharing model of the physician-
patient relationship. European Journal for Person Centred Healthcare. Vol.6 issue 4, pp.588-592

・Yamamoto, B.A. (2018) Youth sexuality under the spotlight in a super-aged society with too few
children, In Patrick Heinrich and Christian Galan eds., Being Young in Super-Aging Japan: Formative
Events and Cultural Reactions. London. Routledge. pp.51-68.

・Akiyoshi Yonezawa, A., Kitamura Y., Yamamoto, B.A., Tokunaga, T. eds. (2018) Japanese Education in a
Global Age: Sociological Reflections and Future Directions. Springer Press.

・Yamamoto, B.A. and Kitano, N. (2015) Designing a safeguarding tool for Japanese professionals to
identify, understand and respond to adolescent sexual behaviour. Environmental Health and Preventive
Medicine
, 20(2): 141-145.

 

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=en&u=682

Researchmap:https://researchmap.jp/beverleyyamamoto

 

ETZRODT Christian クリスチャン・エツロット

研究概要
Research
西洋及び非西洋の社会学理論に焦点を当てた研究を行っています。現在は、資本主義と並んで、家父長制、白人至上主義、帝国、異性愛、能力・才能を理論化することに関心があります。これらのトピックスは、研究関心である大衆教育(暗記に重点を置く)とエリート教育(批判的思考に重点を置く)、多文化教育(異文化の共存に重点を置く)とグローバル・シティズンシップ教育(コスモポリタン文化に重点を置く)間の不安定な関係についての教育と関連性があります。さらに、グローバル化へのエリートネットワークの影響と金融システム改革の戦略についても分析しています。

Christian Etzrodt’s research has focused on Western and non-Western sociological theories. He is now interested in theorizing patriarchy, white supremacy, empire, heterosexuality, and ability alongside capitalism. These topics are related to his research interests in education about the uneasy relationship between the education for the masses (with a focus on memorization) and elite education (with a focus on critical thinking) on the one hand, and multicultural education (with a focus on the coexistence of different cultures) and global citizenship education (with a focus on a cosmopolitan culture) on the other. He is furthermore analyzing the influence of elite networks on globalization and possible strategies of reforming our banking system.

専門分野
Research Field
社会学理論、教育社会学、国際社会学、政治社会学
Sociological theory, sociology of education, sociology of globalization, political sociology
研究キーワード
Research Field
現象学, エリートネットワーク、エリート教育
Phenomenology, elite networks, elite education
主な担当科目
Classes Taught
・Introduction to Diversity and Inclusion Studies
・Sociological Theory
・Special Topic in Human SciencesⅡ(Sociological Analysis of Nihonjinron)
・Multicultural Education
代表的な著作
Major Publications
・Etzrodt, Christian (forthcoming): A Phenomenological Approach towards the Analysis of Politics, in:Schutzian Research 12.

・Etzrodt, Christian (2020): From the Hobbes-Parsons Problem to a Non-linear Dimensionalist Model of Cultures, in:Sociology Mind 10: 35-53.

・Etzrodt, Christian (2018): Modern Sovereign Money – Part I: The Moral Hazard of Fractional Reserve
Banking, in: Open Journal of Social Sciences 6(9): 101-115.

・Etzrodt, Christian/Hrebenar, Ronald/Lacktorin, Michael/Nilson, Don (2016): The Application of a Western-Style Liberal Arts Education Model in a Non-Western Environment: The Case of Japan, in: International Journal of Chinese Education 5(1): 65-84.

・Etzrodt, Christian (2014): Max Weber’s Methodology: The Method of Falsification Applied to Text Interpretations, in: Open Journal of Philosophy 4(3): 345-359.

・Etzrodt, Christian (2008): Weber’s Protestant-Ethic Thesis, the Critics, and Adam Smith, in: Max Weber Studies 8(1): 49-78.

・Etzrodt, Christian (2008): The Foundation of an Interpretative Sociology: A Critical Review of the Attempts of George H. Mead and Alfred Schutz, in: Human Studies 31: 157-177.

・Etzrodt, Christian (2007): Neuere Entwicklungen in der Handlungstheorie: Ein Kommentar zu den Beiträgen von Kroneberg und Kron [Recent Developments in Action Theory: A Commentary on Kroneberg’s and Kron’s Contributions], in: Zeitschrift für Soziologie 36(5): 364-379.

・Etzrodt, Christian (2003): Sozialwissenschaftliche Handlungstheorien: Eine Einführung [Action Theories in the Social Sciences: An Introduction], Konstanz: UTB (Universitätsverlag Konstanz), 371 pp.

・Etzrodt, Christian (2000): Alfred Schütz – Ökonom und/oder Soziologe? Eine Kritik an Hartmut Essers Interpretation der Theorie von Alfred Schütz und an seiner „Definition der Situation” [Alfred Schutz – Economist and/or sociologist? A critique of Hartmut Esser’s interpretation of Alfred Schutz’s theory and his “definition of the situation”], in: Kölner Zeitschrift für Soziologie und Sozialpsychologie, 52: 761-782.

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=10011637&a2=0000002&o=affiliation&sm=affiliation&sl=ja&sp=1

Researchmap:

 

 

グローバル共生学

国際協力学

澤村信英 Nobuhide SAWAMURA

研究概要
Research
アフリカなど発展途上国における生活感のある教育開発研究をめざしています。ケニアのマサイの人々の住む地域の小学校での研究は、学生と共に1999年からこれまで行ってきました。最近では、ナイロビのスラム内で自立的に運営されている学校での研究も始めました。現在、難民や障害児などの困難な状況にある子どもの教育に関して、国内外の研究者と協働しながら、アフリカ(南スーダン、ケニア、マラウイ、南アフリカ)、中近東(シリア、アフガニスタン)、アジア(ラオス、バングラデシュ、インド)で展開しています。グローバルな視点から国内の教育課題も研究対象にします。

I do pieces of fieldwork-based research in education in African countries with being sensitive to people’s lives there, and have principally carried out such fieldwork in Kenyan Maasai land with colleagues and students since 1999. I recently started another research work in the slum areas of Nairobi, focusing on low-fee private/unrecognized schools. A research project on education for vulnerable children such as refugees’ children and children with disability is my recent concern and in collaboration with other researchers we conduct field study in Africa (South Sudan, Kenya, Malawi, South Africa), Middle East (Turkey/Syria, Iran/Afghanistan) and Asia (Laos, Bangladesh, India).  We also cover educational issues in Japan from global perspectives.

専門分野
Research Field
比較国際教育学、アフリカ教育開発論
comparative and international education, education and international development
研究キーワード
Research keywords
アフリカ、発展途上国、教育開発、学校教育、国際協力
Africa, developing countries, educational development, school, international cooperation
主な担当科目
Classes Taught
・国際協力学特講Ⅱ
・国際協力学演習ほか・International collaboration and development studies II
・Seminar in international collaboration and development studies
代表的な著作
Major Publications
・澤村信英(2019)『発展途上国の困難な状況にある子どもの教育―難民・障害・貧困をめぐるフィールド研究―』明石書店

・澤村信英(2018)「生徒の視点からみた難民開発援助と学校教育―ウガンダ北部の南スーダン難民居住地を事例として―」『国際開発研究』27巻2号 105-121頁

・澤村信英(2017)「ケニア北西部カクマ難民キャンプの生活と教育―就学実態と当事者の意識―」『比較教育学研究』55号 19-29頁

・澤村信英(2015)「ケニア・ナイロビのスラムにおける無認可私立校の運営実態―自立的な学校経営を支える関係者の連帯―」『アフリカ教育研究』6号 70-84頁

・澤村信英(2015)「南スーダンにおける紛争後の初等教育と学校運営の実態―教授言語の変更に着目して―」『比較教育学研究』50号 112-133頁

・澤村信英(2014)『アフリカの生活世界と学校教育』明石書店

・澤村信英(2012)『ケニアの教育と開発―アフリカ教育研究のダイナミズム―』明石書店

・澤村信英(2007)『アフリカの教育開発と国際協力―政策研究とフィールドワークの統合―』明石書店

Sawamura, N. (2020)“Universal Primary Education in Africa: Facets and Meanings.” In J. Abidogun & T. Falola (eds), The
Palgrave Handbook of African Education and Indigenous Knowledge
. New York: Palgrave, pp.637-655

・Sawamura, N. (2010) Challenges of Quality Education in Sub-Saharan African Countries. New York: Nova Science Publishers,co-authored .

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?u=8192

Researchmap:https://researchmap.jp/read0058549

研究室HP:https://ic.hus.osaka-u.ac.jp/

白川千尋 Chihiro SHIRAKAWA

研究概要
Research
青年海外協力隊員としてヴァヌアツでマラリア対策に関わったことをきっかけにして、しばらく現地の伝統医療や伝統文化に関するフィールドワークをしていました。その後、ラオスなどがフィールドに加わり、研究テーマも呪術と科学の関係、国際協力と文化人類学の関係、NGOとボランタリズム、地域社会における蚊帳の使用形態などに広がっています。また、国際医療協力の実践的な活動にも引き続き関わっており、これまでWHO短期専門家としてサモアとフィジーでフィラリア対策、JICA短期専門家としてミャンマーでマラリア対策に従事してきました。

Inspired by the experience of helping to implement anti-malaria measures in Vanuatu as a Japan Overseas Cooperation Volunteer, I stayed on for some time to conduct fieldwork on traditional medicine and culture.  Since then, my fieldwork has expanded to include Laos, and my research has grown to include the relationships between magic and science, international cooperation and cultural anthropology, and NGOs and voluntarism, as well as the use of mosquito nets in local communities.  I am actively involved in international medical cooperation, and I have served as both a WHO short term consultant for the lymphatic filariasis control project in Samoa and Fiji and a JICA short term expert for the malaria control project in Myanmar.

専門分野
Research Field
文化人類学
Cultural anthropology
研究キーワード
Research keywords
呪術、科学、国際協力、NGO、蚊帳
Magic, science, international cooperation, NGOs, mosquito nets
主な担当科目
Classes Taught
・人類学特定演習
・国際協力学特定演習
・文化人類学演習
・グローバル化と文化
・Anthropology Seminar
・Seminar in International Collaboration and Development Studies
・Seminar in Cultural Anthropology
・Globalisation and Culture
代表的な著作
Major Publications
・白川千尋(2005)『南太平洋における土地・観光・文化-伝統文化は誰のものか』明石書店

・白川千尋 (2001)『カストム・メレシン-オセアニア民間医療の人類学的研究』風響社

より詳しい情報

More infromation

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=10000983&a2=0000002&o=affiliation&sm=affiliation&sl=ja&sp=1

Researchmap:https://researchmap.jp/read0193699

研究室HP:

http://anthropology.hus.osaka-u.ac.jp/

https://ic.hus.osaka-u.ac.jp/

杉田映理 Elli W. SUGITA

研究概要
Research
途上国の安全な水と衛生(トイレ・手洗い・月経対処)に関する課題、社会開発との関連について研究しています。最近は、学校保健における衛生教育や月経教育にも関心を持っています。研究のベースとしているのは、国際協力に文化人類学の知見を応用しようとする「開発人類学」であり、フィールドワークを通じて、現地の人々の生活や視点を知ることが大切だと考えています。

主な対象地域は、ウガンダ、ケニアを中心とする東部アフリカです。トイレや衛生教育への関心から日本も研究対象にしています。(トイレ先進国の日本にも災害時の対応や外国人を含むダイバーシティ対応の課題があります)。

My research focus is on water, sanitation and hygiene (WASH) issues both in developing countries (particularly Africa) and in Japan. I have also started research on menstrual hygiene management (MHM) and school health.

Development anthropology forms the base of my research, applying cultural anthropology to regional and international development

専門分野

Research Field

開発人類学、水・衛生分野の国際協力、アフリカ地域研究
Development Anthropology, WASH (water, sanitation & hygiene), African Studies
研究キーワード
Research keywords
開発人類学、国際協力、村落給水、トイレ、月経、アフリカ(特にウガンダ)
development anthropology, water supply, hygiene promotion, MHM (menstrual hygiene management), international cooperation, Uganda, Kenya
主な担当科目
Classes Taught
【学部】
・国際協力学Ⅰ
・国際協力学演習Ⅰ、II(ゼミ)
・現代社会を読み解く/共生学の話題
【大学院】
・国際協力学特講I
・国際協力学特定演習Ⅰ、II など・International collaboration and development studies I
・Seminar in international collaboration and development studies
代表的な著作
Major Publications
・杉田映理(2016)「子連れフィールドワーク:ウガンダへ」FENICSフィールドワーカーシリーズ第12巻『男も女もフィールドへ』古今書院

・杉田映理(2012)「水と衛生:人びとの命と生活を衛るために」『テキスト国際開発論:貧困をなくすミレニアム開発目標へのアプローチ』ミネルヴァ書房

・杉田映理(2011)「エミックな視点から見えるトイレの問題:現地社会の内側からの理解とは」『開発援助と人類学:冷戦・蜜月・パートナーシップ』明石書店

・Sugita, E. (2016) Comparison of Handwasihng Methods in Uganda: Is using a Tippy Tap better than washing hands using
a basin? Sugita, Elli & Nuki, Kumiko. Bulletin of the Graduate School, Toyo University, Vol. 52

・Sugita, E. (2008) Hygiene Improvement in Rural Villages: Experience of Japan and its implication for developing countries.
In Development and Rural Villages: Reconsidering rural development theories [Kaihatsu to Noson: Noson Kaihatsuron Saiko], Mizuno, M. & Sato, H. (eds), Asia Keizai Kenkyujo. 

・Sugita, E. (2006) Increasing Quantity of Water: Perspectives from Rural Households in Uganda. Water Policy, Vol. 8:
529-537.

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=10008784

Researchmap:https://researchmap.jp/read0155208

研究室HP:https://ic.hus.osaka-u.ac.jp/

個人HP:https://ic.hus.osaka-u.ac.jp/mhm/

地域創生論

大谷順子 Junko OTANI, DDS, MPH, MS, PhD

研究概要
Research
グローバル化する現代社会において、健康、エイジング、教育、少数民族、環境、食の安全、国内格差、災害などの切り口を含め、国際協力・ 社会開発学、国際保健・人口学、社会政策学、社会学、ジェ ンダー、オリンピックなどの視点から、地域研究を行います。研究対象地域は中国や中央アジアのシルクロード地域に限らず、カンタベリー地震が発生したニュージーランド、またオーストラリアやアメリカなどの研究者らとの国際共同研究も行っています。方法論の確立はもとより、英語、中国語をはじめ研究対象地域の言語の習得も重視し、現地調査を伴うアプローチが奨励されます。世界銀行や世界保健機関(WHO)など国際機関勤務の経験を生かし、学際的研究を行います。

In a globalizing society, the transformation of China into a regional superpower has a great influence not only on local geopolitical order in Asia but also on international society.  China’s economic growth and world-leading aging population have created a challenging policy, public provision, and global diplomacy environment. In this context, we explore various social issues, including population demographics, health, environment, food safety, information/censorship, disaster impacts (Sichuan earthquake for example), Olympics, as core areas of study. Associated with these issues are multi-disciplinary considerations such as international relations, social development studies, international health and population, social policy, political science, sociology, gerontology, and gender studies. Our research area is not limited to China, however, and we perform international collaborative investigations with researchers from New Zealand, Australia, United States, Europe, and the Central Asian Silk Road area. We place importance on rigorous research methodology, and encourage our researchers to obtain supplementary language skills to support research, including proficiency in English, Chinese and other languages and emphasize an importance on field work and cultural competence.

専門分野

Research Field

国際保健・人口学、老年学、地域研究、研究方法論
研究キーワード
Research keywords
国際社会開発、中国、シルクロード、エイジング、国際災害社会学
International Health & Population, Development Studies, Area Studies, Gerontology, Disaster, Research methods
主な担当科目
Classes Taught
・地域創生論
・地域創生論特講
・地域創生論特定演習
・現代社会を読み解く
・Area Studies
・Reading Modern Society
代表的な著作
Major Publications
・大谷順子( 2016)「高等教育グローバル化に目覚めた中国――大学の国際化と海外拠点の活動を通して」(第7章)『世界大学ランキングと国際評価を問う』京都大学学術出版会

・大谷順子(2015)「アートによる創造的復興の企て-保険に支えられた移動/再建 2011ニュージーランド」(第9章299-326頁)『新しい人間、新しい社会――復興の物語を再創造する』災害対応の地域研究シリーズ第5巻 京都大学学術出版会

・大谷順子(2010)『人間科学のための混合研究法―質的・量的アプローチをつなぐ研究デザイン』北大路書房(翻訳)   (原著 John W. Creswell and Vicki L. Plano Clark. (2007). Designing and Conducting Mixed
Methods Research
, Sage.)

・大杉卓三・大谷順子(2010)『人間の安全保障と中央アジア』花書院

・大谷順子(2007)『国際保健政策からみた中国―政策実施の現場から』九州大学出版会

・大谷順子 (2006) 『事例研究の革新的方法―阪神大震災被災高齢者の五年と高齢化社会の未来像―』九州大学出版会

・Annear, M.J., Otani, J., Gao, X.,& Keeling, S. (2016), Japanese perceptions of societal vulnerability to
disasters during population ageing: Construction of a new scale and initial findings, International Journal
of Disaster Risk Reduction,
 18: 32-40.

Otani, Junko (2014), ‘An ageing society and post-disaster community security’, (Chapter 8),   In: Paul
Bacon and Christopher Hobson (eds.), Human Security and Japan’s Triple Disaster: Responding to the
2011 Earthquake, Tsunami and Fukushima Nuclear Crisis
, Routledge, pp. 127-140.

Otani, Junko (2012 ).  ‘Ageing Society, Health issues, Assessing 3/11’(Chapter 14), In: Jeff
Kingston(ed.) Natural Disaster and Nuclear Crisis in Japan, Oxford University Nissan Institute/ Routledge
Japanese Studies Series, London: Routledge/ Taylor and Francis Group, pp.237-254

Otani, Junko (2010), Older People in Natural Disasters, Kyoto University Press & Melbourne: Trans Pacific
Press

Otani, Junko (2009 ). ‘Elderly survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Japan: NVivo
application to Japanese field research’ In: Methods in Practice, Lyn Richards (ed) (eBook) Sage:
London, 2009.04  www.sagepub.co.uk/richards or www.uk.sagepub.com/richards

 

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=5418

Researchmap:https://researchmap.jp/read0209505

河森正人 Masato KAWAMORI

研究概要
Research
おもな研究テーマは、東アジアの高齢者・障がい者福祉、共生のコミュニティづくりに関する研究、地方創生、地域研究(おもにタイ)などです。とくに、大規模な縦割りの施設福祉がもともと困難な東アジア新興国と、大規模な縦割りの施設福祉の限界に直面している日本の双方において、多世代共生・多機能型ケア拠点が汎用性をもつモデルとなりうるとの考え方を広く提言しています。具体的には、日本の中山間地(おもなフィールドは高知県四万十市・土佐清水市)と、タイ、ベトナム、インドネシアなどの農村部における介護にかかわる問題構成の共通性に着目しつつ、共生のコミュニティのあり方を互いに学び合うことをめざしています。

My main research interests include social welfare for older people and people with disabilities, cross-generational care in East Asia. The underlying idea behind my research is to assess whether the idea of “cross-generational and multi-functional care” in Japan such as Kochi-style Welfare, which has gained attention in recent years, can be used in emerging East Asian countries that are having difficulties in establishing large-scale welfare facilities, and whether learning communities can be created for use in East Asian countries by linking rural communities in emerging East Asian countries with the practices in the various regions of Japan.

専門分野

Research Field

社会福祉、地域研究
social welfare, area studies
研究キーワード
Research keywords
東アジアの高齢者・障がい者福祉、共生のコミュニティづくりに関する研究、地方創生、地域研究(おもにタイ)
social welfare for older people and people with disabilities, cross-generational care in East Asia
主な担当科目
Classes Taught
・地域創生論特別演習Ⅰ(A)

・地域創生論特別演習Ⅱ(A)

・地域創生論特別研究Ⅰ(A)

・地域創生論特別研究Ⅱ(A)

・Advanced Seminar in Area Studies of KyoseiⅠ(A)

・Advanced Seminar in Area Studies of Kyosei II(A)

・Doctoral Seminar in Area Studies of KyoseiⅠ(A)

・Doctoral Seminar in Area Studies of Kyosei II(A)

代表的な著作
Major Publications
・河森正人・栗本英世・志水宏吉(2016)『共生学が創る世界』大阪大学出版会

・河森正人(2013)『東アジア新世紀』大阪大学出版会

・河森正人(2009)『タイの医療福祉制度改革』御茶の水書房(第31回発展途上国研究奨励賞、大阪大学功績賞受賞

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=1523&k=%E6%B2%B3%E6%A3%AE%E6%AD%A3%E4%BA%BA&kc=1&sm=keyword&sl=ja&sp=1

Researchmap:https://researchmap.jp/read0064383

藤目ゆき Yuki FUJIME

研究概要
Research
私の専攻は日本近現代史です。2004年にアジア現代女性史研究会を設立し、「冷戦とジェンダー」の研究を進めてきました。一国史的で欧米指向の歴史観から離れて、アジアの女性と共に生きる未来を拓くことにつながる新しい女性史を書くことが研究会の希望です。最近は二つの研究プロジェクトに取り組んでいます。「占領軍被害の研究」では、占領軍が日本で引き起こした事件・事故による人身被害とこれに対する安保体制下の補償請求運動の調査をしています。「冷戦時代の国際女性運動」では、国際民主婦人連盟や婦人国際平和自由連盟といった国際的な女性団体と世界各国に展開した草の根の女性運動の歩みに光をあてています。

My major is Japanese modern and contemporary history. Since 2004, I am the coordinator of the Association for the Study of Contemporary Asian Women’s History and Gender( CAWA ) , which has been promoting historical study on “the Cold War and Gender.” At present I am working for two research projects; In the “study on the personal injury during Allied occupation of Japan at the end of World War II”, I am investigating people’s experiences during the occupation era and compensation claim movement which started since the end of occupation. In the “international women’s movement during the Cold War era”, I am making researches on not only the world-wide women’s organization like Women’s International Democratic Federation ( WIDF) and the Women’s International League for Peace and Freedom (WILPF), but also various grass-roots women’s groups all over the world.

専門分野
Research Field
日本近現代史 ジェンダー論
modern and contemporary history
研究キーワード
Research keywords
冷戦 フェミニズム 女性史 女性運動 占領軍
Cold war, feminism, women’s history, women’s movement, Allied Occupationsh
主な担当科目
Classes Taught
・多文化共生社会論
・多文化共生学特講
・多文化共生学特定演習
・日本の歴史
・Intercultural Studies
・Japanese History
・Intercultural Studies Readings Seminer
代表的な著作
Major Publications
・藤目ゆき(2015)『「慰安婦」問題の本質』白澤社

・藤目ゆき(2010)『女性史から見た岩国米軍基地』ひろしま女性学研究所

・藤目ゆき(2005)『アジア現代女性史』明石書店(全10巻。第8巻まで既刊)

・藤目ゆき(1997)『性の歴史学-公娼制度・堕胎罪体制から優生保護法・売春防止法体制へ』不二出版

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?u=6732

Researchmap:

住村欣範

準備中

 

コンフリクトと共生

栗本英世 Eisei KURIMOTO

研究概要
Research
学部学生だった1978年に、当時の南部スーダンでパリ(Pari)人の民族誌的調査を開始し、現在まで続けています。テーマは、生業経済、政治組織、儀礼、口承史などです。1988年から10年余りの期間、エチオピア西部でアニュワ(Anywaa/Anuak)人の民族誌的調査も実施しました。調査研究の過程で、空間と時間の枠組みを拡大し、北東・東アフリカの数百年の歴史のなかに二つの社会を位置づけることを試みてきました。また、パリ人やアニュワ人の運命の変転にあわせて、開発、難民と国内避難民、民族紛争と内戦、戦後復興と平和構築、人道的介入といった課題に、人類学的な立場から取り組んできました。

I stared anthropological fieldwork among the Pari people in the Southern Sudan in 1978 when I was a undergraduate student, which I am still continuing to this day. Research topics are subsistence economy, political organizations, ritual and oral history. I also conducted fieldwork among the Anywaa (Anuak) in western Ethiopia for more than ten years since 1988. In the process, the space and time frameworks were expanded so that the two societies could be contextualized in Northeast Africa for the last four to five hundred years. As the destiny of the two peoples radically changed in the course of time, more general topics such as development, refugees and IDPs, ethnic conflict and civil war, post-war reconstruction and pecebuilding, and humanitarian intervention, became included in research themes.

専門分野
Research Field
社会人類学、アフリカ民族誌学、紛争研究
Social Anthropology, African Ethnography, Conflict Studies
研究キーワード
Research keywords
民族誌、北東アフリカ、内戦、民族紛争、平和構築
Ethnography, Northeast Africa, Civil War, Ethnic Conflict, Peacebuilding
主な担当科目
Classes Taught
・コンフリクトと共生特講Ⅰ、Ⅱ Conflict and Coexistence Studies I, II
・コンフリクトと共生特定演習Ⅰ、Ⅱ Conflict and Coexistence Studies: Masters Readings Seminar I, II
・人類学特定演習Ⅰ Anthropology Seminar I
代表的な著作
Major Publications
・河森正人・栗本英世・志水宏吉(2016)『共生学が創る世界』大阪大学出版会

・小泉潤二・栗本英世(2012)叢書「コンフリクトの人文学」全4巻、大阪大学出版会

・栗本英世・井野瀬久美恵(1999)『植民地経験』人文書院

・栗本英世(1999)『未開の戦争、現代の戦争』岩波書店

・栗本英世(1996)『民族紛争を生きる人びと』世界思想社

・Simonse, S. & E. Kurimoto (eds) (2011) Engaging Monyomiji: Bridging the Governance Gap in East Bank
Equatoria. Nairobi: Pax Christi.

・James, W., D. Donham, E. Kurimoto & A. Triulzi (eds) (2002) Remapping Ethiopia. Oxford: James Currey.

・Kurimoto, E. (ed.) (2001) Rewriting Africa. Suita: The Japan Center for Area Studies, National Museum
of Ethnology.

・Kurimoto, E. & S. Simonse (eds) (1998) Conflict, Age and Power in North East Africa. Oxford: James
Currey.

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=2325

Researchmap:https://researchmap.jp/read0090801

MOHACSI Gergely モハーチ ゲルゲイ

研究概要
Research
日本を主な調査地として、病気をめぐる文化、身体、科学技術との相互作用を研究しています。病院、実験室、患者会など、多種多様な医療現場において2003年からフォールドワークを積み重ねることにより、慢性病の増加に伴う身体感覚の変容について探求してきた。またここ最近は、調査範囲をハンガリーと東アジアに広げて、薬用植物の栽培および研究開発を調べ始めています。創薬に焦点をあてることで、未来を生み出そうとする多様な実践に内在する人間および動植物の共生を描き出し、また伝統医療と近代医療との交差から見えてくる、比較方法の新たな可能性を探ります。

Gergely MOHÁCSI is a medical anthropologist with special interest in science and technology studies and comparative ethnography. His research has focused on the embodied interactions betweenscience, medicine and society in contemporary Japan, most notably in the domain of diabetes self-care. He conducted fieldwork in hospitals, laboratories and patient groups in Japan and Hungary. Currently, he is investigating the co-constitution of things and values in the development and use of herbal medications in Japan and Southeast Asia. By highlighting the entanglement of different medical traditions and the multispecies interactions between medicinal plants and humans in the process of producing new medications, he aims to explore the new possibilities and challenges of ethnographic comparison.

専門分野
Research Field
文化人類学、科学技術の人類学、医療人類学、日本・東アジア研究
cultural anthropology, anthropology of science and technology, medical anthropology, Japanese and East Asian Studies
研究キーワード
Research keywords
比較方法、病気、薬草、身体論、planetary health
comparative method, disease, medicinal herbs, embodiment, planetary health
主な担当科目
Classes Taught
・人類学ⅠAnthropology I
・コンフリクトと共生演習I・Ⅱ Seminar in Conflict and Coexistence Studies
・コンフリクトと共生特講 I・ⅡResearch Seminar in Social and Cultural Theory
・Research Seminar in Social and Cultural Theory
・人新世の世界 The World of Anthropocene
代表的な著作
Major Publications
・モハーチゲルゲイ (2017)「薬物効果のループ—西ハンガリーにおける臨床試験の現場から」『文化人類学』81(4):614–631頁

・モハーチゲルゲイ・今井貴代子(2016)「共生と多文化―比較の展望」『未来共生学』3:11–212頁

・モハーチゲルゲイ (2011)「病気の通約—血糖自己測定の実践における現実としての批判」『現実批判の人類学―新
世代のエスノグラフィへ』世界思想社 203–224頁
 

・Mohácsi Gergely (ed.) (2014) Ecologies of Care: Innovations through Technologies, Collectives and the
Senses. Readings in Multicultural Innovation, Vol. 4. Osaka: Doctoral Program for Multicultural
Innovation.

・Mohácsi Gergely(2013)The Adiponectin Assemblage: An Anthropological Perspective on
Pharmacogenomics in Japan. East Asian Science, Technology and Society 7(2): 261–281.

・Mohácsi Gergely (2011) Commensurating Disease: Self-measurement of Blood Glucose as a Form of
Criticism, In Naoki Kasuga, ed. pp.203–224., Anthropology and the Critique of Reality. Kyoto:
Sekaishisō .

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=10000746

Researchmap:https://researchmap.jp/mohacska

山田一憲 Kazunori YAMADA

研究概要
Research
ヒトや動物がどの様に生き、どの様に死んでいくのかに興味があります。彼ら/彼女らの生き様は、種や集団や個体によって違っている一方で、共通している点もみられます。最近は、勝山ニホンザル集団(岡山県真庭市)と淡路島ニホンザル集団(兵庫県洲本市)を対象とした比較研究を行い、それぞれの集団に見られる行動特性の違いが神経伝達関連遺伝子の多型と関連しているのかどうかを調べています。特に、淡路島のニホンザルは、特異的に寛容な攻撃性の低い社会を形成していることが明らかになっています。社会の多様性がどのような理由で生じるのか(文化や遺伝的背景)、それによって個体の生き方がどのように変わっていくのかを発達的に検討したいと考えています。
The goal of my research is to investigate the roots of human sociality.I work with the free-rangingJapanese monkeys (Macacafuscata) in japan. We can be aware of the evolutionary similarity between human and nonhuman primates through field observation of their social behaviors.
My current research focuses on group differences in toleranceand aggressionof Japanese monkeys. They form highly hierarchical and despotic societies anddominant monkeys attack subordinates in order to monopolize resources.The monkeys living inAwaji Island, however, constructan exceptionally tolerant social structure compared to that of the other groups. Awaji’s dominant monkeys tend to share resources without aggression.
Human beings are extraordinarilycooperative animals. The tolerance toward others seems to have played a role in evolution of cooperative behavior. I am investigating the reason why the Awaji monkeys show high-level tolerance by using measuring behavior, ecology, population genetics, and molecular biology.
専門分野
Research Field
比較行動学、発達心理学、霊長類学
Ethology, primatology, and developmental psychology
研究キーワード
Research keywords
行動、葛藤、社会的発達、適応進化、寛容性
Behavior, social conflict, social development, adaptive evolution, tolerance
主な担当科目
Classes Taught
・コンフリクトと共生特講I・Ⅱ
・コンフリクトと共生特定演習I・Ⅱ
・比較行動学
・霊長類心理学
・比較行動学演習I・Ⅱ
・ヒトと動物の行動学
・心理・行動科学入門
・Conflict and Coexistence StudiesI・II
・Conflict and Coexistence Studies: Masters Readings Seminar I
・Ethology
・Primate Psychology
・Seminar in EthologyI・II
・Human and animal behavior
・Introduction to Psychology and Behavioral Science
代表的な著作
Major Publications
・山田一憲(2016)「霊長類のコンフリクトと共生」『共生学が創る世界』大阪大学出版会, 196-208頁

・山田一憲(2015)「霊長類における毛づくろいと利他行動」『未来共生学』2: 63-82頁

・山田一憲(2012)「ニホンザルの個性は何から生まれるのか」『日本のサル学のあした―霊長類研究という「人間学」の可能性』京都通信社 72-77頁

・KATSU, YAMADA, & NAKAMICHI (2016) Function of grunts, girneys and coo calls of Japanese
macaques (Macacafuscata) in relation to call usage, age and dominance relationships.Behaviour
153: 125-142.

・UENO, YAMADA, & NAKAMICHI (2015) Emotional states after grooming interactions in Japanese
macaques (Macacafuscata).Journal of Comparative Psychology 129: 394-401.

・YAMADA & NAKAMICHI (2006) A fatal attack on an unweaned infant by a non-resident male in a
free-ranging group of Japanese macaques (Macacafuscata) at Katsuyama.Primates 47:165-169.

 

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=3251

Researchmap:https://researchmap.jp/read0156462


共生学系共通

宮前良平 Ryohei Miyamae

研究概要
Research
 津波や水害で被害を受けた写真を洗浄し、持ち主に返却する活動を行いながら、実践者の一人として復興について考えています。想起することがいかに復興につながるのかについていくつかの研究をしています。そもそもこれまでの記憶論や復興論では、想起することの人間的意味を深くとらえきれていませんでした。私たちは過去を想起しながら今を生きています。そういったことを「記憶の存在論」として概念化してきました。他にも、社会心理学の観点から、写真論や支援論、エスノグラフィ論、死者論、集合的トラウマ論、ボランティア論、当事者論、関係人口論など幅広く取り組んでいます。

I am considering the recovery process as a volunteer cleaning photo damaged by the tsunami and floods. I am conducting some research on how remembering contributes to reconstruction. We live in the present while remembering the past. I have conceptualized “the ontology of memory” to understand the relationship between remembering and recovery. I have also been working on other theories of photography, support, ethnography, the dead, collective trauma, volunteerism. Also, I have been getting interested in Tojisha (people in concern, native person) theory and relational population theory in depopulated communities.

専門分野
Research Field
グループ・ダイナミックス、災害社会心理学
Group Dynamics, Social Psychology on Disaster
研究キーワード
Research keywords
復興、被災写真、当事者、ボランティア、エスノグラフィ
Recovery from disaster, Water-damaged photograph, Tojisha (people in concern, native person), Volunteer, Ethnography
主な担当科目
Classes Taught
学問への扉(「エスノグラフィを書く」)
Door to Academia (Writing an ethnography)
代表的な著作
Major Publications
・宮前良平(2020)「死者との共同体——記憶の忘却と存在の喪失」『共生学宣言』大阪大学出版会 235-255頁

・宮前良平・渥美公秀(2018)「 被災写真による「語りえないこと」の恢復実験」社会心理学研究 58(1) 29-44頁

・Miyamae, R & Atsumi, T, (2020) The Picturescue Movement: Restoring Lost Photographs Following the
Great East Japan Earthquake and Tsunami, Disasters, 44(1), pp.85-102

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=10007073

Researchmap:https://researchmap.jp/rmiyamae

個人HP:https://ryoheimiyamae.com/

小川未空 Miku OGAWA

研究概要
Research
学校教育が急速に拡大していくことが、個人や社会にどのような影響を及ぼしているのかに関心があります。主に東部アフリカにあるケニア共和国でフィールドワークを実施しており、とくに中等教育の普及と格差との関係に焦点を当てています。
最近では、急速な拡大と多様化をみせる高等教育にも視野を広げ、人びとが中等教育から高等教育へどのようにアクセスしているのかについても検討しています。また、東アフリカ地域における市民性教育の受容についても新たに取り組んでいます。
専門分野
Research Field
比較教育学、アフリカ地域研究、国際開発学
研究キーワード
Research keywords
平等・公正、学校教育、社会階層、ケニア、市民性教育
主な担当科目
Classes Taught
・学問への扉(国際協力学入門)
・共生学実験実習Ⅰ
・共生学の話題
代表的な著作
Major Publications
・小川未空(2019)「ケニアにおけるHIV/AIDSと若年女性―学校教育の役割と限界―」『発展途上国の困難な状況にある子どもの教育―難民・障害・貧困をめぐるフィールド研究―』明石書店 223-242頁

・小川未空(2019)「現代ケニアにおける中等学校設立の動態―ハランベー期との比較から―」『アフリカ研究』95号 1₋12頁

・小川未空(2018)「学校は HIV/AIDS の『社会的ワクチン』になりうるか―ケニア農村部における若年女性の事例―」『ボランティア学研究』18号 85-97頁

より詳しい情報

More information

研究者総覧:http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=10006629&a2=0000002&o=affiliation&sm=affiliation&sl=ja&sp=1

Researchmap:https://researchmap.jp/miogawa